お米の保管庫(エムケー精工 こめっ庫 RSU-18C 18袋タイプ)を購入しました

農業資材

最近、お米を納屋に保管する際の保管庫(保冷機能なし)を購入しました。春先まで保管し、少しずつお米をお客様に直接、販売したいと思ったためです。お米を作っている農家で自分の家で食べるお米以外に直接販売したいとおもっている方、春先までしばらくお米を納屋などに保管する必要がある方など保管庫の購入を検討している方の参考になれば幸いです。

お米の保管庫を買いました

数年前まで、自分の家で食べるお米以外は、すべて出来秋に集荷業者に出荷していました。

しかしながら、ここ数年の買入価格の低迷などもあり、秋に集荷業者に販売するのでは、なかなか収益的に厳しいです。実際、経費をまかなえているかどうかも怪しいです。

そこで、少しずつ直接販売できる売り先を探してきました。お米については大規模に生産しているわけではないので、お陰様で少しずつですが売り先が増えてきました。
そうなると、一つ課題となってくるのは、保管先です。販売できるまで納屋などに保管しておく必要があるのですが、そのまま平積みしておくことはできません。理由は、ネズミにかじられる可能性があるためです。
翌年の夏まで玄米を保存する場合は、品質を落とさないためには保冷機能のある保管庫が必要になります。(一方で値は張ります。)

一方で、気温の低い春先まで保存するのであれば、保冷機能がない保管庫でも品質を落とさず保管できます。
ちょうど、春先まで保管するお米の保管する場所がなかったため、今回こちらの保管庫を購入しました。

組み立て&使ってみた感想

購入した保管庫は自分で組み立てる必要があります。

段ボールに入った状態で届きました

ビスで固定するのが殆どですので、インパクトドライバーを使って組み立てれば、省力的に組み立てができます。一人でも1時間程度で組み立て出来ました。

この保管庫の良いところは上面が半分開くので出し入れするときの姿勢が楽になります。これが開かないと、30㎏の米袋を出し入れする際、腰への負担がもの凄いです。
これでネズミの心配もなく、お客様に美味しいお米をお届けできそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました