目黒区でキャベツの収穫体験をしました

農業

現在は東京で会社員をしていますが、新規就農することを決心しています。就農に当たっての準備をしております。どのような農業をするか全く白紙ですので農業に少しでも触れる機会があれば試してみたいと思っています。この度、目黒区の広報誌にキャベツの収穫体験の募集があったので参加しました。収穫体験を通じて、農業に対する気づきのようなものを発見できればうれしいです。会社員から就農を考えている方の参考になれば幸いです。

目黒区の広報誌でキャベツ収穫体験を発見

初めてのブログです。現在、会社員をしていますが、新規就農の準備中です。

目黒区の広報誌をみて、目黒区内でキャベツの収穫体験農園があるとのこと、
行ってきました。 

深沢交差点の近くの農園で、うちから愛車(3段変速付き自転車)で行ける距離。

決められた日時に(9時~11時)いけば、一株200円で収穫でき、一人何個でもいいとのこと。

およそ、20aの農地に半分キャベツ・半分ジャガイモが植わってました。

キャベツ畑


キャベツはまさに収穫期。ジャガイモは来月頃収穫?
到着すると、まず、入り口にいたおじさんに収穫の仕方を教わります。
1 大きなキャベツ、好きなやつを選んで、
2 軽く引き抜いて、
3 根ではなく、茎の柔らかいところを包丁で切る
4 残った根・葉っぱは端っこのに積んでおく

モンシロチョウも飛び交い、ところどころ虫食いのもありますが
全く虫がついてないより、逆に安心です。
よさそうなキャベツをさっそく選んで収穫してみました。農家に生まれましたが、キャベツの収穫は初めてかもしれません。

キャベツ収穫

袋に詰めて、受付で200円払って帰りました。

収穫体験を通じての感想

収穫体験を通じて思うことは、生産者にとっては、
・収穫作業を消費者にやってもらい、
・流通マージンもかからない
・ロスが低減される
・まとまった収入になる(ざっと見たところ一畝200のキャベツ×10畝)

消費者にとっては、
・新鮮なキャベツが手に入る
・実地学習になる

いい方法だと思います。
 

タイトルとURLをコピーしました