帰園田居

脱サラ&新規就農ブログ

帰園田居 イメージ画像

販売

ミニヒマワリの栽培を試す昨年、農業を始めて以来、直売所を中心に野菜を販売しています。ただ、野菜は他の生産者と出荷時期が被ると値崩れ・売れ残りが発生することがままあります。品質のよい(見た目が立派で奇麗)野菜であれば、そんな中でも売れるようですが、悲しいで
『ミニヒマワリを育てて売ってみました』の画像

出荷をいったん取り止めベビーリーフを直売所に出荷していました。雑誌「現代農業」の直売所特集でサラダセット・ベビーリーフは良く売れるという記事をみました。それを真似して、この冬はベビーリーフを商品として直売所で販売していました。若葉をちぎって、数種類の葉を
『生鮮食品と加工食品の分類について調べました』の画像

先日、初めてマルシェを出店し野菜を販売しました。12月10日に開催された京都亀岡ハーフマラソン大会で出店です。出店するにあたり、準備したことなどをまとめておきます。今後マルシェをする方の参考になれば幸いです。準備したこと出店の申込9月頃に京都亀岡ハーフマラソン
『亀岡ハーフマラソン大会で野菜販売のマルシェに初挑戦しました』の画像

オンラインショップで野菜セットを販売野菜セットをオンラインショップで販売しました。農業を始めて「いつかはオンラインショップで野菜セットを販売したい」、と思っていましたが、意外と早く目標達成しました。といっても、大学時代の友人にお願いして買ってもらったので
『オンラインショップで野菜セットを販売しました』の画像

夏の果菜類(トマト、ナス、キュウリなど)が直売所に増えてきました直売所(生産者が野菜を持ち寄っての委託販売)に出荷しています。夏が近づき、果菜類の出荷が増えてきました。果菜類はどうしても、生産者が同じタイミングで結構な量を作るから、直売所では品物がだぶつ
『直売所でキュウリが売れ残ります・・・』の画像

シールでwebサイトの存在をアピール本格的に農業経営を始めたのは今年の一月からです。今は、営農初年度ということもあり、野菜の栽培に注力しています(せざるを得ない)が、将来的には販売にも力点を置きたいと思っています。そこで、販売に活用できるよう「京都長尾ファー
『直売所の出荷袋にエーワンラベルシートを使ってシールを張ってみました。』の画像

初売上!おかげさまで、昨日、ほうれん草、小松菜を近所の直売所に出荷し、初売上を上げることが出来ました。栽培中、大雪に見舞われたり、草取りに負われたり(今から思えば、トンネルが不必要でした)右往左往しましたがなんとか第一歩を踏み出したという実感です。直売所
『祝初売上! & 直売所ごとの特徴』の画像

直売所に出荷するときに価格をどうやって付けよう?当面は、農場の近くの直売所で野菜を販売する予定です。その出荷予定の直売所では、当日の出荷前に、自分で野菜に価格を決めます。周りでは他の出荷者と大きく変わらない価格を付けているか近所のスーパーの野菜の価格を参
『日々の野菜相場を把握する方法』の画像

サラリーマンしながら新規就農の準備をしているmasaです。8月1日にオープンしたばかりの坂ノ途中 soil キョードーに行ってきました。キョードーにはいろいろな意味があり、世田谷区経堂 、ほかの会社との協同という意味があるそうです。営業・販路が大事就農するに当たり
『小さな八百屋さん 坂ノ途中 soil キョードーに行きました』の画像

サラリーマンしながら新規就農の準備をしているmasaです。先日、「猫背を直して見た目を変える!自信に満ちた「姿勢の作り方」」という講座に参加してきました。streetacademyで 見つけました。なぜ、新規就農を目指しているのに、「今、猫背を直す?」とお思いかもしれませ
『「猫背を直す」講座に参加しました』の画像

↑このページのトップヘ