帰園田居

脱サラ&新規就農ブログ

帰園田居 イメージ画像

読書

5月からの田植えの準備で毎日忙しくしております。毎日わずかな時間をやりくりして興味のある本を少しでも読み続けております。 これからの季節、レタスや葉物野菜に見かけることが多くなります。野菜の見た目が悪くなって困ります。ナモグリバエ、ネギハモグリバエ、ナスハ
『読書録_2018年3月』の画像

農閑期も終わり、いよいよ農作業が忙しくなってきました。春・夏野菜の種まきもありますし、お米作りの準備も始まりました。ゆっくり読書をする時間は減りそうですが、知識が必要であったり、興味のある書籍は読むようにしていきたいです。 彼を知り己を知れば百戦殆うからず
『読書録_2018年3月』の画像

1~2月は農閑期なので比較的本を読む時間が取れました。3月に入って種まきなど徐々に忙しくなってきましたが。農業関係の本が多いですね、それ以外の分野も読みたいのですが、興味のある本を手に取るとどうしても農業関係が多くなってました。 兵庫県の普及員がご自身の体験か
『読書録_2018年1~2月』の画像

読んだ本を備忘録としてまとめています。農作業や青色申告の準備が忙しくてなかなかゆっくり本を読む時間が取れません。晴耕雨読とはいかないものですね。 農作業しながらaudibleで聴き終えました。素人でも人工知能について理解できる良い本。人工知能の定義、ディープラー
『読書録_2017年末』の画像

サラリーマンしながら新規就農の準備をしているmasaです。目的・きっかけ いろいろな書籍をよむとき(特に太平洋戦争関連)、”南北朝”とか”楠正成”とか”新田義貞”とか”後醍醐天皇”とか出てくるのですが、誰が何をした人なのかさっぱり関係が分かっていませんでした。
『読書録「新太平記1~5 山岡荘八著 講談社」』の画像

サラリーマンしながら新規就農の準備をしているmasaです。目的・きっかけ 学芸大学駅近くの本屋 流浪堂にて何気なく、本棚を眺めていたところタイトルが非常に気になったため。「虫けら」っどんな意味があるのかな?内容まとめ 山田風太郎さんが昭和17年11月から昭和19年12
『読書録「戦中派虫けら日記 山田風太郎著 ちくま文庫」』の画像

サラリーマンしながら新規就農の準備をしているmasaです。目的・きっかけ NHK大河ドラマ「真田丸」を観ていて、徳川家康に興味を持ったため。よく、山岡荘八の歴史小説「徳川家康」(全26巻)がビジネス書としてお勧めされており、小説は、かつて挑戦してみたものの2巻で挫折
『読書録「徳川家康 山岡荘八原作 横山光輝著 講談社」』の画像

サラリーマンしながら新規就農の準備をしているmasaです。目的・きっかけ 漫画「風雲児たち」に解体新書を翻訳するエピソードがあります。想像を超える苦難の道でしたが翻訳が完成する話は、とても感動的であり、もっと深く知りたいと思ったため。内容まとめ 当時の蘭学に対
『読書録「蘭学事始 杉田玄白著 緒方富雄校註 岩波文庫」』の画像

サラリーマンしながら新規就農の準備をしているmasaです。目的・きっかけ 私の故郷である京都府亀岡市在住のグレゴリ青山さんという方がいます。京都を紹介するなかに「ガケ書房」(閉店)という本屋さんが印象的に語られていた(壁から車が突き出ている?!)。twitterで恵
『読書録「ガケ書房の頃 山下賢二著」』の画像

サラリーマンしながら新規就農の準備をしているmasaです。目的・きっかけ 日経新聞で誰かが薦めてたので。誰だったか忘れました・・・「人生で何が大切か」が本書のテーマとのこと。サラリーマンから農家への転機にある私の心に響く何かがあるのではないか。内容まとめ クリ
『読書録「イノベーション・オブ・ライフ クレイトン・M・クリステンセン ジェームズ・アルワース+カレン・ディロン著 櫻井祐子訳 翔泳社」』の画像

↑このページのトップヘ