農業を始めたときの健康保険

私は脱サラし、農業を始めました。
脱サラした時点で、健康保険を「会社の健康保険組合の任意継続」にするか「国民健康保険に加入する」か選択できました。
その時の判断は、以前の記事(退職後の健康保険の選択肢)に書きました。
私は経済的な観点から任意継続にしていました。

任意継続は基本的には2年間なのですが、条件によっては2年しないうちに
国民健康保険に加入したほうが経済的に良い場合がありそうです。
今回、4月から任意継続切り替えましたので、その手続きなどを書いておこうと思います。
これから脱サラして新規就農する方、同じ境遇の方に参考になれば幸いです。

国民健康保険に加入するまでの手続き

私の前提を記載しておきます。
  • 任意継続は2016年11月から。
  • 個人事業主として農業を始めたのが2017年1月から。

まず、2018年2月に2017年分の確定申告(過去記事:初めての確定申告。青色申告をしました。)をします。
その際に、確定申告の書類を2部作ると、控えが手元に残りますので、
それをもって市役所で2018年4月からの国民健康保険の納付額を試算してもらいます。
健康保険の納付額は毎年4月から前年の所得を元に計算されます。

国民健康保険の窓口に相談すると、すぐに計算してくれました。
私の場合、2018年4月からの保険料が低くなることが確認できました。
(つまり、農業を始めてからの収入が少ないということですが・・・)

次に任意継続している健康保険組合に2018年4月から脱退したい旨を連絡しました。
健康保険組合が「任意継続の資格喪失証明書」を送付してくれるので
それを市役所に持っていって手続きをすれば健康保険組合に加入できるとのことでした。
脱退日と国民健康保険の加入日に連続性があるように手続きしてくれます。

実際に、4月中旬に「資格喪失証明書」が送られてきました
その書類等をもって市役所で国民健康保険の加入手続きをしていただきました。
ちなみに、国民健康保険の支払いは6月に通知が来てからになるようで、
12カ月分を10回に分けて支払うとのことでした。

手続きは少しめんどうかもしれませんが、
少しの手間でそれなりの金額(私の場合トータル数万円)になりますので
同じ境遇の方は検討されてはいかがでしょうか。


よろしければ、Facebookページ(京都長尾ファーム)への「いいね!」やTwitterのフォローをお願います。