先日、初めてマルシェを出店し野菜を販売しました。
12月10日に開催された京都亀岡ハーフマラソン大会で出店です。
IMG_3124

出店するにあたり、
準備したことなどをまとめておきます。
今後マルシェをする方の参考になれば幸いです。

準備したこと

出店の申込
9月頃に京都亀岡ハーフマラソン大会の出店募集が
公式webサイトにありましたので申し込みました。
手続きは簡単な書類を提出するだけでしたが、
事務局の審査がありました。
亀岡の特産物を販売するというのが条件だったのでその審査だと思います。
審査終了後、出店許可の通知がありました。

なお、出店料が5,000円かかりました。
正直、この出店料や出店に係る経費を考えると
経済的に出店する意味はあまりありませんが、
今回の目的は「マルシェを出店する」ことだったので
出店料については目をつぶりました


マルシェの視察

事前に東京にマルシェを視察(過去記事)しました。


出店用品
  • タープテント
    日差しを遮るためにも、また当日は雨が降るかもしれないので購入しました。大きさは2.5m*2.5m、amazonで1万円ぐらいでした。ちなみに、一人でも組み立てられます。

  • パイプ机・パイプ椅子
    実家の納屋にあったパイプ机(180cm*70cm*90cm)を使いしました。結構ボロボロでしたが、テーブルクロスを使うので特に問題はありません。
  • マルシェ箱
    いつも出荷に使っているプラスチックのコンテナでもいいのですが、味気ないので木製のマルシェ箱を探しました。インターネットで探したところ新潟のキバコヤさんに求めていたマルシェ箱がありましたのでオンラインショップで購入しました。購入したマルシェ箱は見た目もよく大変満足しています。
    2017-12-19_0731_キバコヤ
  • マルシェ箱を陳列する傾斜台
    こちらもインターネットで探してみましたが、結構いいお値段がしました。これはディスプレイの前面に出ないので自作することにしました、昔から図工は苦手ですが。超絶に下手な設計図を作りました。木材はすべて実家に置いてあった廃材(コンパネ)を利用しましたのでほとんどタダでできました。丸ノコで材料を設計図通り?切って組み立てて完成です。
    IMG_3132
    IMG_3076
    IMG_3077IMG_3119

  • コンテナ
    プラスチックのコンテナです。サトイモや大根など重量野菜はこのコンテナに入れて地べたに置きました。
  • POP・値札
    百円ショップで購入しました。

  • POPクリップ
    以前百円ショップで購入したことがあるのですが、すぐに壊れてしまったのでamazonで評価の高いものを購入しました。使い勝手はamazonで購入したものが格段に良いです。

  • テーブルクロス
    百円ショップで購入しました。

  • 小銭
    釣銭用です。出店が決まってからコツコツ集めました。
  • 電卓
    当日持込を忘れたのでiPhoneの電卓アプリで対応しましたが、普通の電卓の方が使いやすいです。
  • 霧吹き
    日が当たると野菜が萎れるので用意しました。
  • レジ袋
    小・中・大の3種類ぐらいのサイズがあるとよいと思います。

  • 価格設定
    暗算をしやすいように50円刻みにしました。お金の計算ミスが発生しないように。
実際のお店はこのようになりました。マルシェっぽくなりました。
IMG_3125


マルシェの感想

天候にも恵まれ、持って行った野菜はほとんど売れました。
また、お客さまとの会話も楽しかったしマルシェをやって良かったと思います。

今回は準備が0からでしたので大変なところもありましたが、
次回は心理的なハードルも下がりましたし、準備するものも今回のものがほとんど使えますので
躊躇うことなくできると思います。

農業を始めてから野菜の出荷は
ほとんど道の駅・ガレリア亀岡にある直売所でしたが、
マルシェということで初めての対面販売でした。
就農前のサラリーマンの時は何かを販売するということをほとんどしたことがなかったので
勝手が分からないという気持ちもありましたが、
自分の作った野菜は自信を持って勧めることができました。
また、お客さまによって求めているものは様々だと実感しました。
亀岡特産の野菜を探されている方、今晩のおかずになるものを探されている方、スムージー用の野菜を探されている方など、それぞれの要望を瞬時に把握することが対面販売では必要だと感じました。

お客さまと会話しながら、野菜に対する反応を感じることも出来ました。
ちなみに一番うれしかったのは
「この野菜は丁寧に作られてる」
というお客様のお言葉でした。

マルシェにはいくつかリスク(天候、来場者の嗜好、出店の位置など)もあるので、
今後はそのあたりも考慮しつつ、また機会があれば出店したいです。

よろしければ、Facebookページ(京都長尾ファーム)への「いいね!」やTwitterのフォローをお願います。