オンラインショップで野菜セットを販売

野菜セットをオンラインショップで販売しました。
農業を始めて「いつかはオンラインショップで野菜セットを販売したい」、
と思っていましたが、
意外と早く目標達成しました。

といっても、
大学時代の友人にお願いして買ってもらったのですが。

オンラインでの野菜セットの販売には
  • 10種類ぐらいの野菜を収穫できること
  • オンラインストアを開設すること
という「生産」と「販売体制」を整えることが必要でした。

とはいえ、「生産」が不安定なので(まだ、秋冬の作物を本格的に作ったことがない)、
本腰を入れてのオンラインショップでの販売は来年以降にするつもりです。

ちなみに、早々にオンラインショップでの販売をすることで、
これまで見えてこなかった課題も少し見えてきた気がします。
とにかく「試してみること」は大切だと思っています。

オンラインショップ開設の流れ

同じように農業をしていてオンラインショップでの販売を考えておられる方のためにも、
販売までの流れについて書いておきます。
あくまで私の例ですので他にもっと良い方法はあるかもしれませんが、
ITの詳しい知識が必要なく、比較的労力が掛からなさそうな方法を選択したつもりですので
一例として参考に成ると思います。


オンラインショップを開設するにあたり
手数料や操作性を比較検討し、
BASEを利用しました。

2017-07-10_1648_BASE

独自のサイトはあった方が良いと思いますが
(私の場合、http://kyoto-agri.com/からBASEのショップにリンクを張っています)
BASEのショップだけでも販売はできます。


また、BASE以外にもオンラインショップは開設出来ますので、
各オンラインショップを比較しているサイトやブログをみて
自分の目的にあったサービスを利用すると良いと思います。

BASEでのショップ開設は本当に簡単でした。
2017-07-10_1652_BASE2

この3項目を決めるだけでショップが出来上がります。
ショップ開設後に、
「特定商取引法に基づく表記」
など作成する必要がありますが、
ガイドに沿って作成すればそれほど難しくないはずです。

BASEを利用して良かった点は決済です。
特に、利用者がクレジットカード払いができるのは助かります。

商品の掲載も、商品の写真を撮ってアップロードすれば事足ります、
簡単です。

悩んだのは送料の設定です。
配達地域ごとに設定することも可能ですが、
今回は東京の友人に送るので、
設定上の送料は無料にして、
送料込の価格設定にしました。

オンラインショップを本格的に始める場合は、
地域ごとに送料を設定した方がいいかもしれません。

あとは、運送屋さんを決める必要がありますが、
営業所が近くにあるヤマト運輸さんにお願いしました。
料金は高くなりますが、夏ですのでクール宅急便にしました。
またクロネコメンバーズ割BIGを申し込みました。
これは宅急便の料金が15%オフになります。
メンバーズカードに5万円チャージすればこのサービスを受けることが出来るようです。


今後は運送屋さんのサービス内容、料金を比較して行きたいと思いますが、
今回のヤマト運輸さんの対応は非常に良かったので
(以前、私がメンバーズに入っていたときのカードを紛失していたことに
丁寧に対応していただきました)
しばらくはヤマト運輸さんを利用したいと思っています。

また、用意する資材は
  • 段ボール
  • 新聞紙
  • ボードンパック(特に葉物)
といったところでしょうか。
また、段ボールには
  • お手紙
  • 納品書(BASEで発行できる)
を同封しました。

オンラインショップをやりたかった理由

そもそもオンラインショップをやってみたかった理由は、
就農する前から販売も出来る限り自分で直接消費者に売りたいと思っていました。
  • 流通のマージンがいらない(少なくて済む)ので経営にプラス
ということはあるのですが、
それよりも大きい理由は
  • 直接、消費者とコミュニケーションが取れる
自分の野菜の良さも伝えられますし、消費者からの反応も見ることが出来る。
また、自分は農業を始めた時の理念はお客様とコミュニケーションすることなしには達成できないと考えています。