畑から石がたくさん出てきます

今、野菜を作っている畑は昨年末に借りた農地です。
その農地は元々水田で、
畑を耕すと大小さまざまな大きさの石が出てきます。

なぜ、多くの石がでてくるのかというと、
農地の住所は”前河原”というぐらいで、
犬飼川という川沿いにあり、
元は河原なのでしょう。
地図で確認しますと、 元々河原であったであろうことが良くわかります。


今は川には堤防がありますので、
川の水が来ることはないですが、
大昔は大雨の時は川の水が流れた来たんだろうなーと想像できる地形です。 

ちなみに、犬飼川は一級河川で、
川下りで有名な保津川(桂川)の支流です。

さらに参考まで一級河川の定義も調べてみました。
国土交通省のサイトを引用します。

Q1. 一級河川と二級河川の違いは?

 河川は上流部から小さな河川が合流し、この合流を繰り返しながら徐々に海へ向かうにしたがい、大きな河川となっていきます。これら一群の河川を合わせた単位を「水系」と呼んでいます。

 1965年に施行された河川法によって、国土保全上又は国民経済上特に重要な水系で政令で指定されたものを「一級水系」と呼んでいます。一級水系に係る河川のうち河川法による管理を行う必要があり、国土交通大臣が指定(区間を限定)した河川が「一級河川」です。「二級河川」は、一級水系以外の水系で公共の利害に重要な関係があるものに係る河川で、河川法による管理を行う必要があり、都道府県知事が指定(区間を限定)した河川です。

 一級河川と二級河川とは、水系が違うので、同じ水系内に一級河川と二級河川が併存することはありません。このため埼玉県や滋賀県などには、二級河川がありません。一般的には、一級河川の方が規模も大きく、洪水等による災害が発生した場合の被害が大きいといえます。

 一級河川、二級河川のほか、市町村長が指定した「準用河川」があります。これら以外の河川は「普通河川」とよばれていますが、これは河川法上の河川ではありません。  ところで、一級水系の定義で、「国土保全上」とは、洪水、高潮等の災害が発生した場合に想定される人命、財産等の被害が大きく、この防止が国家的な見知から治水上重要であることを意味し、「国民経済上」とは、上水道、工業用水道、灌漑、発電など河川の利用の影響度が一地方の経済にとどまらず、国家的に見て大きいものであることを意味します。このように治水上又は利水上特に重要な水系については、国において管理することが望ましいため、一級水系に指定されます。

 二級河川の定義で、「公共の利害」とは、国土保全上又は国民経済上という利害の及ぼす影響について量的な差異があるのみで、質的な差異はありません。 河川は上流部から小さな河川が合流し、この合流を繰り返しながら徐々に海へ向かう にしたが い、大きな河川となっていきます。これら一群の河川を合わせた単位を「水系」といっています。

文章が長くて、頭に入ってきませんが、
要は「重要な川で国土交通大臣が指定した川が一級河川」ということなのでしょう。
明確な基準(数値)があるわけではなさそうです。

野菜を作る上での問題

野菜を作る上で、石があると何が問題かというと、
・石の体積分、土壌が少なくなり、根張が悪くなる
・トラクターや管理機で鋤くときにゴツゴツあたり機械に負担
・苗を植えるとき、種を播くときに邪魔
など、栽培上や管理上問題があります。
 
実際に畑から出てくる石はこのような感じです。
IMG_1901

たまに、馬鹿でかい石(もはや岩?)も出てきます。
IMG_1902


石を見つけ次第集めて畑の端っこに集めています。

こんなに溜まってます。
まだまだ石は出てきそうです。
 IMG_1903


この石を何かに利用できないでしょうか? 
考えうるのは、
・農道のへこんでいる水たまり部分にまく
・マルチが風で飛ばないよう重しにする
・漬物石にする
なにかいいアイデアないでしょうか?