直売所に出荷するときに価格をどうやって付けよう?

当面は、農場の近くの直売所で野菜を販売する予定です。

その出荷予定の直売所では、
当日の出荷前に、
自分で野菜に価格を決めます。

周りでは他の出荷者と大きく変わらない価格を付けているか
近所のスーパーの野菜の価格を参考に決めているようです。

客観的な価格

野菜の相場は押さえておきたいと思うところです。
災害や天候不順が続きた時など野菜の価格が上がることは
新聞などのニュースになります。
たとえば、昨年の年末は野菜が高かったです。
これは9月の長雨の影響のようです。

そこで、日々の野菜の相場があるはずなんですが、
いまいち把握の仕方が分かりません。

そこで、客観的に価格を決める方法がないかと
考えていましたが、
マーケットの価格を把握することがまず必要ではないかと。

webサイトなども少し探してみましたが、
なかなか良いものが見つかりませんでした。

いまのとろ、京都新聞にほとんど毎日、野菜の相場がのっているので、
それを活用しています。
IMG_1384

毎日、新聞から価格をエクセルに書き出してグラフ化しています。
野菜価格グラフ



しかしながら、この新聞のデータをエクセルに移す手作業が非常に面倒です。
新聞を見ながらキーボードを打ってています。

解決策として、例えばのwebサイトに相場がアップロードされていれば、
キーボードを打つ作業時間が大幅に短縮されそうなのですが、
なかなか見つかりません。

何か良い方法はないかと模索中です。